株価暴落時は株を買うチャンスなのか!どうしたらいいのか!

どうも、なっかん(@nakkan66)です。

コロナショックで、株価が暴落しておりますね。

なっかんのネオモバのポートフォリオも、真っ青で見てられないです。

株価暴落時はどうしたらいいのか?どうすべきなのか!ってわかりませんよね。

こんな時だからこそ、どうしたらいいのかを書いていこうと思います。

目次

株が暴落してる時はチャンスなのか!?

結論から言いますと、長期的な目で見ると恐らく、株を買うチャンスだと思います。

株価が日を追うごとに、どんどんと下がってきてしまってますからね。

今までは株価が高くて買えなかった株が、安くなってるんですからね。そりゃ~チャンスやとばかりに買いまくる!

って言うのもありやと思います。資金が豊富にあればなっかんもそんな風にしたいです。

コロナウィルスがこんなに株価に影響を与えるなんて、誰も想像できなかったのではと思っちゃいます。

なっかんも始めは暴落が来たから、買い増しのチャンスって思っちゃいました。

って今も少し思ってるとこはありますが。

ですが、これだけ世界的に流行ってしまったら、経済にも影響が出てきます。

どれだけ長引くのか!それにどれだけ影響があるのか!終息してからじゃないとわからないですからね。

取得単価を下げるチャンスでもある!

株を保有してるのなら、暴落が来てる今、取得単価を下げるチャンスでもあると思います!

高値掴みしちゃったな~っていう株ありますよね。それが今は、安い値段で買えると思うとチャンス!って思えませんか。

資金があれば、少しでも取得単価を下げれるので、チャンスだと思い買い増すのもありかと。

でもこの、株価下落がいつまで続くのか!どのくらいまで下がるのか!ってわかんないので、買い増すにもタイミングが難しいです。

下がりきってから、買い増すのもどこが底かわかんないのでやっぱり難しいですよね。

買うタイミングってホンマ、ココやで!とか今やで!とかってないので、ホンマ難しいです。

長期的に見れば買い場やけど、その買うにも勇気が必要な相場ですね。

損切りをした方がいいのか!

損切りをした方がいいの?どうしたらいいん?って悩みどこですよね。

損切りって簡単に言ってしまえば、損を確定して手放すって事ですからね。

手放さなければ、損があっても実質的には、損ではないんですからね。

ってよく言ってる意味が分かんないって言われそうです。

自分の中での許容範囲内であれば、損をせずに株価が回復するのを待つ!ってのもありです。

でもどうしても、これ以上損を増やしたくないって思えば、損切りをして奇麗に清算してしまえば、気持ち的に楽になれちゃいます。

損切りをして、もう一度買いなおすってのも作戦の一つやと思います。

結局どうしたらいいのか?

結局、自分の持ってる資金との兼ね合いもあります。

今の相場で買い増しするのか、それとも黙って時が過ぎるのを待つのか。

どっちもありやと思います。投資をしたら、相場から退場しない事が大事です。

相場に絶対はありません。だから難しいんです。

長期投資をしようと思ってる方は、きっと振り返った時に、あの時は買い場やったんやな!って思えるようになるはずです。

なっかんも含み損が日に日に増えておりますけど、ちょっとずつ買い増ししたり、新規銘柄を買ってみたりしてます。

ネオモバなら1株から買えるが強み!

なっかんも使ってる、ネオモバなら1株から買えるので、こういう相場でも少ない資金で買う事が出来ます。

買い増す事も出来るので、取得単価を下げる事も、新たな銘柄を追加する事も出来ちゃいますね。

1株から買える事が出来るのも、ネオモバの強みでもありますね。

大手の証券会社なら、100株単位での取引になっちゃいますので、豊富な資金を持ってないと耐えれないような感じがします。

今からネオモバで株を買うのも良いかもですね。

暴落して株価が安くなってるからこそ、買いやすい値段でもありますが、安易にどれもこれもってやっちゃうとダメです。

ってやってみるのもいい!って言っておきながら・・・業績がしっかりしてる会社の株を買うならって事です。

この辺は、投資家の先輩方のブログを拝見すると、きっちりと分析して下さってるので、なっかんも色々と勉強させてもらってますので。

最後に何が言いたいのかと言うと、ネオモバなら1株から買えて、分散投資も出来ますからね。

少ない資金でも出来る!ってとこもオススメです

当ブログは、投資を推奨してるブログではございません。
投資は自己責任でお願いします。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事を書いた人

コツコツ投資やってます。
月のお小遣いからせっせとやっております。
投資の勉強中です。
宜しくお願いします!

コメント

コメントする

目次
閉じる